春といえばお花見!お花見といえば桜!桜の種類と花言葉は?

この記事は3分で読めます

MARI85_harunopinksakura20120505500そろそろ本格的な春がやってきますね。春といえば、お花見シーズンです。お花見といえば桜ですが、桜の種類ってどれだけあるの?桜の花言葉は?あなたはそう思ったことありませんか?

ちょっと話しは逸れますが、僕は4月上旬が誕生日なので、桜に対しては多少思い入れがあるんですよね。毎年、お花見を楽しんでる人達を見ると僕の誕生日も一緒に祝ってくれてるような気分になるので、お花見シーズンは人一倍ワクワクして楽しんでます。笑

Sponsored Links

 

桜(サクラ)の語源は「咲く」に「ら」を付け加えたものという説や、日本神話に登場する女神「コノハナノサクヤビメ(ヒメ)」からとったなどの説、また、桜の「さ」は稲(農業)の神様を指し、「くら」は神様が座る台座を指し、神様が依りつく処という意味から、桜は農耕の神様という説もあります。

 

桜の花言葉

桜全体の花言葉は「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」などがありますが、桜の種類によってそれぞれ花言葉が違うので、それも合わせて一緒に見ていきましょう。

 

ソメイヨシノ(染井吉野)

cherry-372502_1280花言葉:「純潔」「優れた美人」

日本では明治の中頃から圧倒的に多く植えられた品種がソメイヨシノです。メディアによる桜の開花宣言なども、このソメイヨシノを意味してるほど、ソメイヨシノというのは日本の桜の代表的な品種なのです。

 

シダレザクラ(枝垂れ桜)

02a5dccd63ccdd82bd5c5abd403f2236_s_02花言葉:「優美」「ごまかし」

その名の通り、枝が柔らかくて枝垂れる桜の総称です。夜の枝垂れ桜を見てると、妖艶で美しい「桜の精」が現れそうですよね。ホント、桜の精が現れたら良いのになぁ~。
桜の精

 

ヤエザクラ(八重桜)

n1302394349花言葉:「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」

八重桜は特定の品種ではなく八重咲きになる桜の総称です。多くの品種があり、よく見る八重桜は、カンザン、フゲンゾウ、ヤエベニシダレなどがあります。

ソメイヨシノなどに比べ、開花時期が1~2週間ほど遅く、大きめで丸くふんわりした形なのが特徴です。

 

 

ヤマザクラ(山桜)

山桜花言葉:「あなたに微笑む」「純潔」「高尚」「淡泊」「美麗」

ヤマザクラは日本の野生の桜の代表的な種で、和歌にも多く読まれていて、桜の中では寿命が長く大木になるのが特徴です。さすが野生の桜ですね。

Sponsored Links

 

ちなみにこのヤマザクラを原種として品種改良された種も多いです。ほとんどの場合、ヤマザクラは葉芽と花芽が同時に開いていくのが特徴。遠山の金さんの桜吹雪の彫物も古くからあるヤマザクラ(カスミザクラ)ではないでしょうか。

 

 

ジュウガツザクラ(十月桜)

10月桜02花言葉:「神秘な心」「寛容」

マメザクラとコヒガンザクラの雑種とされていて毎年、4月上旬頃と10月頃の年2回開花します。(メイヨシノと比較すると小さめの花。春のほうが花は大きい) 花びらの数は十数枚あり、花びらのふちが薄い紅色なのが特徴です。

十月桜と冬桜は似てるけど、別モノらしいです。ただ、十月桜も含めて秋から冬にかけて「冬桜」と呼ぶこともあるそうですが。

 

 

フユザクラ(冬桜)

冬桜花言葉:「冷静」

別名、小葉桜(コバザクラ)、四季桜(シキザクラ)とも呼ばれ、ヤマザクラとマメザクラの雑種とされている。咲き始めは淡白紅色で、満開近くになると白色に変わる。

 

 

カンザクラ(寒桜)

寒桜花言葉:「気まぐれ」「あなたに微笑む」

別名、サトザクラ(里桜)アタミザクラ(熱海桜)と呼ばれることもあり、カンヒザクラ(寒彼桜)と、ヤマザクラ(山桜)もしくはオオシマザクラ(大島桜)の雑種と考えられている。

 

最後に

いかがでしたか?桜の花って、こんなに種類があったんですね~! 最初は「もうすぐお花見だな~、そういえば桜の種類と花言葉ってどんなのだろう?」という軽~い気持ちで調べ始めたので、僕自身も驚きの結果でした。

もしかすると他にも桜の種類や花言葉があるのかもしれませんが、今回がきっかけで、あまり聞いたことない桜の名前とかもあったので僕としては勉強になりました。

日本人ほど桜の花を愛する人種はいないと僕は思います。せめて、ソメイヨシノ(染井吉野)、八重桜、枝垂れ桜、山桜くらいは日本人として知っておいたほうがいいかもしれませんね。

桜の花は2~3週間ほどの短い命です。江戸時代には桜の散り際の「潔さ」が、武士に好まれたとかいう話しも聞いたことあります。

「桜吹雪のように潔く散りたい」そんな気持ちにさえさせる桜の花とは不思議な花ですよね。桜の花こそが日本人の土台を作ってきたのかもしれませんね。(ちょっと無理矢理こじつけてしまいました・・・笑)

今度からお花見に行った際は、お酒や御馳走ばかりではなく、桜の花もじっくり観ながら楽しみたいと思います^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ねぶた祭のイラスト

バズインフォ



役に立つ情報や個人的に気になったことなどを紹介していきます。どうぞよろしくお願いします。



固定ページ

お問い合わせ

Sponsored Links
家の中で出来る有酸素運動「踏み台昇降」の効果は? 正しいやり方と踏み台の高さ…
今さらだけど酵素って何? 効果と摂取方法とタイミングは?
博多祇園山笠2015年の日程と見どころは?